トップページへ 農業関連記事 農業資材取扱店 更新内容 情報掲載 お問合せ
 
農業関連記事
←前の記事 記事一覧 次の記事→

 大分県域農協誕生へ大詰め 16JA予備契約調印

2007/12/11

 大分県内の23総合農協(JA)のうち16JAでの合併を目指す県域JA設立推進協議会は10日、来年6月1日に16JAで合併する予備契約に調印した。来年1月までに各JAが総代会や総会で合併を決議する。

 協議会は今年1月、経営基盤や販売力の強化を目的に20JAでの県域合併を掲げて設立。しかし、日出町、別府市、玖珠九重、九重町飯田の4JAが「健全農協ができるか確信が持てない」などと相次ぎ離脱、16JAで合併を目指すことになった。

 名称は県農業協同組合(愛称・JAおおいた)。給油所など施設削減で経営合理化を図る一方、営農指導料の無料化などサービス向上を図る。

 県域JAの正組合員数は6万7845人。預金量は約5034億円、農産物などの売上高は約352億円の見通し。

12月11日10時9分配信 西日本新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000009-nnp-l44